異端児な士業屋の新たなる旅立ち 

北海道札幌市で海事代理士・行政書士をしております。海事代理士としてボート免許更新・再交付、海事代理士・潜水士試験対策など、行政書士として簡単な自分史作動画作成、各種法律文書作成支援してます!2002年、ダイビング業界に従事。2010年 海事代理士として登録。ボート免許更新等の業務を手掛ける。2013年 行政書士登録。費用をかけないインターネットでの潜水士試験受験対策も行っている海事代理士・行政書士のブログです。

会社設立時の公告の方法って何が一番いいの?2

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
前回の続きですが、会社設立時の公告の方法って何が一番なのか?
注意点ですが、これは、あくまでも小規模会社の費用面から見た一番良い方法ということなので、
そこを注意してくださいね。

では、何が一番費用面から考えた場合良い方法なのでしょう。


IMG_0200


小さな会社では、前回も書いた通り、費用負担がかなり大きくなりますので、

「官報公告+インターネット決算公告」

という方法が一番安価になると考えます。

そこで、定款に記載する文言は、

「第○条 当会社の公告は、官報に掲載する。
2 貸借対照表に係る情報を受けるために必要な事項
http://www.○○○」

とする方法があります。

これ方法が一番良いのですが、定款にURLを掲載するわけですから、何らかの事由により、
会社のURLを変更する場合は、定款変更もしなくてはなりません。

定款変更するにも、費用が発生しますね。

うーん。じゃ、どうすれば・・・

そこで、定款には、
「第○条 当会社の公告は、官報に掲載する。」
として、発起人決定書(決議書)に
「貸借対照表に係る情報を受けるために必要な事項
http://www.○○○」
と記載する方法もあります。

これならば、URLが変更になっても、定款を変更しなくてもよくなりますね。

いずれにしても、URLは登記する必要があります。

それと、インターネットによる決算公告は、詳細に(簡単に言えば決算書全てと考えて)を公告しなければなりません。

また、5年間掲載しなければならないというのが、決められています。

えー、これは結構ネックになりますよね。

ということは、5年間、最初の決算から、会社の財務状況が世界中の全ての人に筒抜けになてしまうことになりますね。インターネットで見られるのですから。

小さな会社にとっては、取引相手のことや融資などにも影響を与えるかもしれませんね。

とうことで、何が一番いいかは、費用面もさることながら、
その会社を設立する時点でベストな方法をよく考えてから
公告の方法を選ぶというのが一番かもしれませんね。 

公告の方法は、費用はかかりますが、後で変更することもできますからね。

いいね、ツイート、g+などをポチッとして、応援していただけると嬉しいです。

 

会社設立時の公告の方法って何が一番いいの?

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
会社設立時には定款を作成しなければなりませんが、
その中で、公告の方法という条文を盛り込まなくてはなりません。

IMG_0200


まあ、会社法上の難しい話は、いろいろなサイトで書かれているので省きますが、

株式会社である場合、会社に関する事項を、公に公表しなければならないと
いうことだと考えてくれればいいと思います。

ようは、株式会社の場合、株主がいるので、株主を含めて会社の情報を常に
公表(公告)しなければならないというルールなんですね。

で、公告の方法は、「官報に掲載する方法により行う。」というのが一般的です。
その他にも新聞に掲載する方法があります。

官報の公告ですが、現在6万円となっています。結構な額ですよね。新聞はもっと高いです。

会社を設立し始めのころは、いろいろな面で費用が係るので費用を節約したいと考えるのが普通ですよね。

公告をしなければならない事項は、会社法で決められてますので(これも省きます)
それ以外は、逆に考えれば官報等に掲載しなくてもいいわけです。

そこで、認められているのが、会社の決算に関する公告です。
会社の決算は一般的に一年ですよね。一年ごとに官報等の掲載料が発生するわけですね。

実は、決算に関する事項は、ホームページ掲載することで、官報や新聞等に掲載しなくてもよいこととなっています。

全部の会社がとはいいませんが、現在、ほとんどの会社がホームページを持っているのが普通ですし、新たに会社を作る場合にもホームページは通常は作りますよね。

ということは、それで、毎年の掲載料が節約できるわけです。

そこで、定款には、その旨の規定を設けなければなりません。

「当会社の公告は、電子公告によるものとする。」と定めるわけです。

注意点ですが、電子公告というのは、ホームページに掲載するわけでありますから、ホームページの内容をその都度勝手に変えられては、情報を知りたい人、得たい人は、それが本当に正しい情報なのか、わからないところもありますよね。ましては、株主様にとっては、会社の決算事項は重要な情報になりますからね。

ですから、会社の情報が正しく、書き換えなどが行われていないか、会社のホームページを調査する必要が生じてくるわけです。一般的に調査会社で調査するわけですが、これがまた、結構な金額なんです。10万円以上というのが普通です。

あれっと、思う人もいるでしょうが、官報の掲載の費用が6万円?電子公告は10万円以上?

そうなんですね。安易に定款に「当会社の公告は、電子公告によるものとする。」と記載して
定款の認証を受け、法務局に登記してしまうと、逆に費用が高くついてしまいます。

会社を設立したての小規模会社には、この調査費用を負担するのは厳しいですよね。

では、どの方法が、費用面から見た場合、一番良いのか。

次のブログで書いてみますね。

いいね、ツイート、g+、などをポチッとして、応援していただけるとうれしいです。



ライフジャケットの着用が義務付けられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
平成30年2月から、小型船舶の船長の義務として、ライフジャケットの着用の義務が改正されます。

IMG_0378


現行では、小型船舶の暴露甲板(船外、甲板など)の乗船者のライフジャケットの着用は
努力義務でしたが、平成30年2月からは、着用が義務化されます。

船室内にいるなどの例外を除いて、小型船舶の上ではライフジャケットを着用しなければなりません。
船長には、着用させる義務が発生します。

違反すると、船長に違反点数2点が付され、再教育講習を受講しなければなりません。

従来は、再教育講習の範囲ではありませんでしたが、今後は、これだけで再教育講習の対象となります。

なお、従来から着用が義務化されていた事項については、従来通り着用の義務は変更ありません。

詳細については、国土交通省のページを確認してください。

http://www.mlit.go.jp/maritime/maritime_fr6_000018.html

なお、関連条文等については、以下を参照願います。


船舶職員及び小型船舶操縦者法(昭和26年法律第149号)(PDF)
船舶職員及び小型船舶操縦者法施行規則(昭和26年運輸省令第91号)(PDF)
船舶職員及び小型船舶操縦者法施行規則第137条の規定に係る取扱いの改正について(平成29年1月26日・国海安第271号・国海技第367号)(PDF)
 

いいね、ツイート、g+などをポチッとして、応援していただけると嬉しいです。

 

潜水試験対策 電子書籍 平成28年10月改訂テキスト対応

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
潜水士試験対策の電子書籍「まんが・イラストで潜水士試験を簡単に攻略・一発合格」

平成28年10月改訂「潜水士テキスト」に対応いたしました。

E5FCE252-F3CB-11E5-BB71-D712AEEB16B9_l

パブーの電子書籍で、第1編から第4編までで、各500円です。

http://p.booklog.jp/users/fujita-kaiji

お試し版で、過去・予想問題も読むこともできますし、

各編には、共通で平成28年10月以前の11回分の公開過去問題の解答・解説、

さらに、各編に合わせたその他の過去問題集と解説もついています。

今回の改訂に合わせて、スマホ画面から、文章がはみ出すなどの不具合も修正いたしました。

ホームページと同じ内容になっておりますので、

どこでも、場所を選ばず、読んで勉強することができます。

これから、資格取得・受験を考えている方は、活用してみてください。

いいね、ツイート、g+などを、ポチッとして、応援していただけると嬉しいです。

 

 

北海道地区、小型旅客安全講習(特定免許)の開催について

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
平成29年5月23日(火)、小型旅客安全講習(特定免許)が小樽市において、開催されます。

IMG_1575


小型旅客船や遊漁船など、人を輸送する小型船舶の船長には、

海難発生時における措置・救命設備の取扱等に関する「小型旅客安全講習」を受講する必要があります。

この安全講習を受講すると「特定免許操縦者」として、現在の免許証に追記されます。

詳しくは、私のサイトで確認してください。

http://senpakukousin.fujita-kaijidairisi.com/

遊漁船の営業などを考えている人には、必須の資格ですし、北海道では年に数回しか開催されません。

本年はこれが2回目です。興味がある人は、ぜひ受講をお勧めいたします。

いいね、ツイート、g+などで、ポチッとして応援していただけるとうれしいです。


 
livedoor プロフィール
プロフィール
「藤田海事代理士・行政書士

1961年、北海道北見市のオホーツク沿岸生まれ。

2002年、ダイビング業界に従事する。

2010年 海事代理士として登録。ボート免許更新等の業務を手掛ける。

2013年 行政書士にも登録


費用をかけないインターネットでの潜水士試験受験対策も行っています。

主な取扱業務

海事代理士として、ボート免許更新・失効再交付等事務、海事代理士試験、潜水士試験対策

行政書士として、各種法律文書作成支援などしております。


主サイトはこちら。

「海・陸の運送許認可・ボート免許更新・資格取得、相続・遺言など各種法律文書作成をサポートします。北海道札幌市手稲区」

海事代理士試験の口述試験としてサイト内に音声ファイルを取り入れ

潜水士試験対策として、有料のサイト及び問題集を販売しているほか、電子書籍パブーにて「まんが・イラストで潜水士試験を簡単に攻略・一発合格」も有料で公開しております。


ブログランキング・にほんブログ村へ











ツイッター
you tube
ライン
LINEで送る
まんが・イラストで潜水士試験を簡単に攻略・一発合格


http://p.booklog.jp/book/100520/read

海事代理士必修テキスト
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ