異端児な士業屋の新たなる旅立ち 

北海道札幌市で海事代理士・行政書士をしております。海事代理士としてボート免許更新・再交付、海事代理士・潜水士試験対策など、行政書士として、貨物運送許可等の作成を支援してます。2002年、ダイビング業界に従事。2010年 海事代理士として登録。ボート免許更新等の業務を手掛ける。2013年 行政書士登録。費用をかけないインターネットでの潜水士試験受験対策も行っている海事代理士・行政書士のブログです。

潜水士試験 平成29年度試験日程について

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
平成29年度 潜水士試験の試験日程が公開されております。

09

受験を考えております皆様は、私のサイト

「潜水士試験の無料講座」の「公表過去問題の解答と解説」

また

潜水士試験について、初心者の人のためのサイト

まんが・イラストで潜水士試験を簡単に攻略・一発合格


を参考にしていただければ幸いです。


なお、出張試験については、現在未定となっております。

いいね、ツイート、g+などで応援していただけるとうれしいです。



潜水事業者様よりお礼のメールをいただきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
本年もあと数日で終わりますが、
数日前に潜水業務を受け持っている事業者より、

改正後の高気圧作業安全衛生規則に基づいた手続・届出を
関係各省庁に提出し、無事に竣工を迎えることができたという
お礼のメールをいただきました。ありがとうございます。

本年早々の2月に、

「改正後の規則に基づき、混合ガス潜水事業を行いたいが、
船舶安全法と高圧ガス保安法の関係について、確認したくメールしました。」

というような内容で、お問い合わせがありました。

私としては、私が知りえる範囲でお答えしましたが 、事業者様もある程度はご存知のようで、
大まかに納得されて、関係各省に届出をされ、今般、事業が無地に遂行できたということです。


mode=mail_read&no=234
 

作業上において使用した、ハードタイプの全面マスク、潜水服、ガスカードル、
淡水で、視界不良の中での潜水作業などなど

数多くある潜水業務の中でのプロ中のプロといっても過言ではない写真をいただきました。

残念ながら、作業の都合上、他の事業者様の了解を得ていないということで、
ここで紹介することはできませんが、まさに、改正高気圧作業安全衛生規則に基づく
お写真をいただきました。

この事業者様は、届出等に関し、苦労されたようでしたが、
無事、工事が終わり竣工することができたことで、メールをいただいたものです。

メールの事業者様の詳細は、これまた、控えさせていただきますが、
お仕事の依頼や実際の現場を担当された事業者様にご相談等がある場合は、

私の「ホームページ」の「メールフォーム」などからご連絡をいただければ、
事業者様にご連絡してお返事などをさせていただきたいと思います。

http://fujita-kaijidairisi.com/support1/

昨年の今頃は、改正後の規則が、本年4月から施工されるということで、
各事業者様も大変な思いをされていたのだということを今回のメールで感じることができ、

この潜水士試験の合格講座をサイトで始めてよかったと、改めて思った次第です。

最後に、本年も海事代理士・行政書士の藤田事務所のサイト・ブログに訪問していただき、
また、ご相談やお仕事の依頼など、ありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。



いいね、ツイート、g+などをポチッとして応援していただけると嬉しいです。

 

平成29年度、北海道地区、ボート免許更新等講習日程について

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
今年も残りわずかとなりましたが、

北海道地区のボート免許(小型船舶免許)更新等講習日程(予定)が決まりましたので、

来年度、免許更新等の予定がある方は、参考にしていただければと思います。


02


一応、予定ですので、変更になる場合もありますので、受講3か月ほど前には、

事前に当事務所へ確認していただきますようお願い申し上げます。

当事務所のサイトは、 http://senpakukousin.fujita-kaijidairisi.com/

いいね、ツイート、G+などで応援していただけるとうれしいです。

いつも、訪問ありがとうございます。

 

海事代理士会北海道支部研修に参加して

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
先日の土曜日、海事代理士会北海道支部研修会が札幌でありまして参加してまいりました。


IMG_2437


今回の研修は、まだ、記憶に新しい、平成27年7月31日に北海道苫小牧沖で発生した
「さんふらわあ だいせつ」(商船三井フェリー)の火災事故を機に、

国土交通省海事局から通達が出され、 フェリーにおける火災事故対策の実施についてということで、


IMG_2465


5,000トン以上の閉囲された車両甲板を複数有するフェリー運航事業者を対象とした
消火プランの作成と、プラン案に基づく教育、訓練等の実施、安全管理規定の提出などについて、

実際にフェリー会社のお仕事をされている、海事代理士の先生を講師としての勉強会でした。

IMG_2467

まだ、記憶に新しいと思いますが、この火災は、船員の方がなくなられている痛ましい事故で

出火から鎮火まで、10日もかかるの船舶火災の消火の難しさを
改めて痛感させられた船舶火災事故であったと思われます。

この事故の出火原因は、今だはっきりと結論づけられておりませんが、
船舶に積載されていたトレーラー冷凍機のあたりが激しく燃えていることや
配線が短絡した跡があることなどが認められています。

そのような経緯もあることから、全国トラック協会あてに電気配線の安全確保について
通達が出されており、船舶に限らず、陸送運輸についても無関係ではない事故であります。


IMG_2466


また、出火原因とは直接関係がないものの、積載されていた車両の中に、
危険物に分類される小型のガスボンベが、フェリー会社に無申告で積載されてるなど、
荷送人の責務を逸脱した行為があったことも確認されており、

改めて、危険物の海上輸送における安全確保に関する通達も発せられております。

さて、今回の事故を機に、5,000トン以上の車両甲板を複数有するフェリー運航事業者を
対象として、消火プラン作成が義務付けられたわけですが、

それ以外でも、消火プランを作成しておくことは、決して悪いことではないので
人や物を運搬する船舶を所有する運行会社は、なかなか実態と消火プランをすぐに結び付ける
ことは、困難なことかもしれませんが、決して無駄にはならないことだと思いますし、

また、現在の義務付けが、より一層厳しくなり、さらに小さな船舶でも対象となる可能性もあります。

これを機会に消火プランはもとより、火災に対する知識、消火設備の使用方法などを
見直し、周知し、訓練をやることなどなどが重要になるのではないでしょうか?

もし何かの機会に消火プランなどの作成を考えてみようと思われた際には、
お役に立つことができると思われますので、ご相談していただければ幸いです。

いいね、ツイート、g+などをポチッとして、応援いていただけると嬉しいです。



 

北海道地区、1月~3月までのボート免許更新等の日程について

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
北海道地区、1月~3月までのボート免許更新等の日程・場所が決まりました。

来年、3月までに更新等に該当している人は、忘れないように更新を受講してください。

今回はJMRA(日本海洋レジャー安全振興協会)の開催日程で、

JEIS(北海道教習センター)については、後日、ホームページに掲載予定ですのでお待ちください。

kousinnnittei12


該当されている人は、ご確認ください。

いいね、ツイート、g+などをポチッとして応援していただけるとうれしいです。


 

潜水士試験 2016年10月(平成28年10月) 公表問題の解答及び解説

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

解答の解説については、無料公開期間を経過いたしましたので、有料へと変更させていただきました。

有料の過去・予想問題については、以下のサイトから、お申込みできます。

http://dive.fujita-kaijidairisi.com/



http://fujita-kaijidairisi.com/support1/




海外売船 ちょっと失敗談、間違い探しの巻

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
笑ってはいけない話なのですが、今回の海外への船舶売買に関して失敗談がありましたので
今後は失敗がないように注意したいです(笑)

写真に間違いがあります。探してください(笑)

これは、相手方(ロシア側)の船長がこれを見て、噴き出したというお話です(笑)

船舶には、必ず船籍港を表示しなければしなければならないのですが、

その表示場所は、船尾と決まっております。日本でいえば船舶法です。 

そして、船名についても、船舶法施工細則で、船首両舷の外部となっております。

IMG_2014


この船は、KS2という船舶名です。

で、船籍港は、仮船舶国籍の関係から、FREE TOWN となっています。


 IMG_2015


はあ、船籍港が、船首の両舷にも書かれている(苦笑)

これは、記入するときに私の注意不足もありまして、書き直しました。


IMG_2022
 

船首は、船名だけでいいんですね。この際に塗装のお手伝いをしていただいた
みなさん。私の注意不足ですいませんでした。

たしかに、日本人からみれば、FREE TOWN という船名だとも思えますよね(苦笑)

その後、ロシアの船長が、この船首の船名を見たとたん、「オーマイゴッド」とは言ってませんが
ロシア語で叫んで、頭を抱えておりました(笑)

この資料を運輸局にまで提出したので、運輸局でも「オーマイゴット」と言ってたんでしょうね(苦笑)

以上、間違い探しでした・・・・汗 


いいね、ツイート、g+などをポチットして、応援していただけると嬉しいです。


 

船舶の登記申請は、ちょっと面倒です 3

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
今日でこのシリーズはおしましです。まあ、たいしたことは書いてませんが・・・汗

で、総トン数20トン以上の船舶の登記申請などについて書いてきましたが、
最後になるのが、抹消の登記ですね。

日本船舶の抹消は、これも船舶法で決まっておりまして、抹消登録しなければならないときは、

船舶が、滅失、沈没、解撤、日本国籍喪失、3か月存否不明、船舶法第20条に掲げる船舶になったとき

に抹消登録しなければなりません。

そう、気づきましたか?抹消の登録が今度は先になるんです。抹消の登記ではないんですね。
それで、管海官庁(運輸局)で、抹消の登録を行います。

その後に、登記所(法務局)へ抹消の登記ということになるんですが・・・・
実は、抹消の登記は、管海官庁側(運輸局)で登記所に嘱託していただけるんです。

com


運輸局から嘱託を受けた法務局は、これをもって、抹消の登記を行ないます。

その後、この登記済の嘱託書が送付されてきますので、抹消の登記が終了したことが
わかります。

保存登記の申請とは、逆で、それに簡単ですよね。

こんな風に保存の登記も、逆に法務局から運輸局に嘱託して、運輸局での登録が
省略できれば、もっと、事務処理が簡単になるのになあ~


いいね、ツイート、g+などをポチットして、応援していただけるとうれしいです。




livedoor プロフィール
プロフィール
「藤田海事代理士・行政書士

1961年、北海道北見市のオホーツク沿岸生まれ。

2002年、ダイビング業界に従事する。

2010年 海事代理士として登録。ボート免許更新等の業務を手掛ける。

2013年 行政書士にも登録


費用をかけないインターネットでの潜水士試験受験対策も行っています。

主な取扱業務

海事代理士として、ボート免許更新・失効再交付等事務、海事代理士試験、潜水士試験対策

行政書士として、各種法律文書作成支援などしております。


主サイトはこちら。

「海・陸の運送許認可・ボート免許更新・資格取得、相続・遺言など各種法律文書作成をサポートします。北海道札幌市手稲区」

海事代理士試験の口述試験としてサイト内に音声ファイルを取り入れ

潜水士試験対策として、有料のサイト及び問題集を販売しているほか、電子書籍パブーにて「まんが・イラストで潜水士試験を簡単に攻略・一発合格」も有料で公開しております。


ブログランキング・にほんブログ村へ











ツイッター
you tube
ライン
LINEで送る
まんが・イラストで潜水士試験を簡単に攻略・一発合格


http://p.booklog.jp/book/100520/read

海事代理士必修テキスト
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ