久しぶりにダイビングの
お話です。

だって,こう寒くちゃ,ダイビングの
話をしてもスルーされそうで(笑)


でも,極寒のサーファーに刺激され
どこを刺激されたのか(笑)


今日はドライスーツの話です。


ドライスーツとは,ウエットスーツと違って

言葉の通りドライ。乾いている。
つまり,水が入りません。


ブーツはスーツと一体です。
スーツを着たあとには
後ろのファスナーを締めます。
ファスナーは後ろの場合は
一人ではできないので,バディ等に締めて
いただきます。もちろん脱ぐときはあけてもらいます。

前にファスナーが付いているのもあります。

PA270054PA270053


首周りはやわらかいゴムでできてまして
首にフィットします。

着たあとには,右のように内側にゴムの
部分を折り曲げ,水の浸入を防ぎます。


PA270051PA270052


手首もおなじように柔らかいゴムでできてます。


PA270050


これは ↓ 給気バルブ


PA270048

スーツの中に空気を送り込み
スーツの水圧による締め付け
を調整します。


こちらは ↓  排気バルブ

PA270049


スーツの中の空気の量を
このバルブによって調整します。

オートと手動に切り替えることができます。

深い水深から浅い水深に
移動したときに,スーツ内の
空気が膨張し,吹き上げて
しまうのを防ぎます。

足首の部分についているのも
あります。


ドライスーツは寒いところで
使用されると思いがちですが

沖縄の冬,2月から4月ころに
かけてはドライスーツのときが
ベストのときもありますし,

本州を含め,4島付近では,
ウエットスーツを使用する
時期が実際には短い。

5mmのウエットでは
6月から10月ころまでですね。

それを考えるとドライスーツは
お値段は高いかもしれませんが
オールシーズン使えますね。

フルオーダースーツが一番ですが,
お値段のこともありますので

セミオーダーで首輪・手首周り
足の大きさ,股下の長さ等の
一部分を体にあわせて,
作ることもできます。


私の北海道では,1年中ドライでもOKです(笑)


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへblogram投票ボタン
にほんブログ村