先日,天気がよかったので
いつものように小樽へドライブ

道路の雪は解けていたので
運転も楽でした。

で,新日本海フェリーターミナルへ

P1230017P1230010

小樽港の中には,フィリピン国籍の
船舶が入っていましたね。

P1230007P1230011


この船はフィリピン国籍であると
なぜわかったのでしょうか?

1 船尾にフィリピンの国旗が掲揚してある。
2 船尾にマニラとの記載がある。

そう,海事代理試験を受けられた方
これから受けられる方はもう一度,
船舶法をおさらいしてみましょう。

ただし,船舶法は日本国籍等の船舶に
適用される法律でしたね。


P1230009

この ↑  人達は
バードウオッチングの人達で
船を見ているわけではありません(笑)

内地から帰ってきたとき
新潟から,ここに着きました。
日本海航路は

舞鶴 ⇔ 新潟 ⇔ 小樽

を結んでいます。

北海道から内地へ行ったときは
太平洋航路の
太平洋フェリーを使用して
苫小牧から仙台へ行きました。

P1230014

フェリーターミナルには
温泉施設もありまして



出入港するフェリーを見ながら
ゆっくり温泉に入ることができます


P1230012P1230015


こんなポスターも見つけました  ↑ 
日本人の船員の減少が顕著ですからね


小樽市市街地図もありましたね

P1230016


秋から春にかけては
海が荒れることが多く,

欠航となることが多い
日本海フェリーなので

この時期にご利用される方は
日程等に余裕をもって計画を
立てられるといいと思います。


日本海波高し・・・です(笑)


にほんブログ村 士業ブログ 海事代理士へblogram投票ボタン
にほんブログ村