今日は、

船員職業安定法

について見てみます。

この試験科目は平成17年から試験科目に

加わった新しい試験科目の法律ですので

過去問題集も多くありませんが

現在までのところ、試験問題は

問1の穴埋めと、

問2の正誤問題に変わりはありませんね。

ですが、問2の問題が

次の文章のうち正しいものには○、正しくないものには×を
という表現から

法令の規定を参照した次の文章のうち・・・
という表現方法にかわっていますが、

内容的にはさほど変化は見られません。

少しだけ、過去問題にはない
新しい条文から出題されておりますね。

問1 
1 法第37条第1項第4号から第6号
2 法第62条、同法施行規則第29条
3 法第50条、同法施行規則第22条
4 法第55条第5項
5 法第64条、同法施行規則第30条

問2 
1 法第67条、第68条
2 法第35条第2項
3 法第6条第12項 
4 法第44条
5 法第81条第3項

などですね。

この問題は、今のところ出題されている
範囲がある程度限られていますので

過去問を重点に勉強しておけば
半分以上は取れますし、条文数も多くないので
高得点が取れる問題ですね^^


にほんブログ村 士業ブログ 海事代理士へblogram投票ボタン
にほんブログ村