人間それほど差はないんです。
裁判官、弁護士、あの人はいい大学を出ているからとか、

大手企業に入ってすごいとか、など、そんな人たちと自分は
レベルが違いすぎると思いがちです。
 

確かに難しい試験に合格したのだから、普通の人より勉強が
できるのは確かです。
そして、その仕事の難しさもあるのも確かでしょう。
 

でも、頭の良さとは別問題です。その人たちは、その専門の知識があり、
実務を通して自分を磨き続けてきたから結果として、
すごい、頭がいい、と思ってしまうのです。


では、その人たちに大工さんの仕事をさせてみたら・・・
たぶん、まともに釘すら打てない人たちもいるでしょう。

ネコ(現場にある一輪車)の使い方や、たぶんそれを使いこなす
ことすらできないはずです。
それを見事に使いこなし、応用する人とで差がありますかね?
 

ようするにどの仕事でも専門性が上がればあがるだけ難しくなる。
ですから、どの仕事をしていようが、人間にそれほど差はないのです。


私の経験から、勤めていた職場のトップが、電車の自動発券機の
切符の買い方さえ知らなかったという事実(これ本当の話です)もあるんですよ。


要するに専門性があるということで、その専門分野が世間的に大変な仕事だと
評価されているだけなんですね。
 

裁判制度だって、始まる前はいろいろ言われてましたが、実際始めてみたら
一般の人も結構やれるじゃないですか?
(ただ,法的根拠は指導を受けているのでしょうが)そうは思いませんか?


自分がやりたい仕事を見つけ、その専門性を磨いていくそれが大事ですよね。

専門性を磨いていけば、それほど頭の良し悪しに関係はないと思います。

私は、何でもかんでも資格に首を突っ込む
異端児者ですので、私のようにならないように(笑)


にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村