いろいろな資格試験がありますが、その試験に受かったからといって
すぐに仕事ができるものとそうでないものがあります。


実技系の資格には、それを取得することによって
就職できたり、すぐに役立つものが多い気がします。
ただし、これらの受験費用は比較的高いのが実情です。
落とすのではなく、受からせるための資格というところでしょうかね?


勉強系の資格試験(国家試験など)比較的受験費用は安価です。
その結果、受験者も多いですし、
国家という名のごとく合格率も厳しい状況です。

また、全部とはいえませんが取得したといっても
それだけでは仕事ができないものもあります。

各種連盟会などへの登録をしなければ活動が許されていないものが多く、
そして、登録費用なども結構高額で、毎月の月額会費などもかかる場合があります。


それだけ、その資格者の活動に厳格になっているんですね。

ですから、資格を取っても自分が本当にやりたいことでなければ続かずに
登録だけで、収入に結びつかず無意味となることもありえるのです。

私の場合に似ていますが(笑)


ですから、資格選びは十分吟味して、登録もある程度の覚悟を
持って行わなければならないと思います。


資格取得は始まりです。
取得後にそれをどう仕事に活かすかですかね。

いいね!ツイート、g+、ブックマークなどして応援して
いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村