ちょっと、潜水士試験に出題される圧力調整器(レギュレータ)について
お話があったので、おさらいです。

レギュレーター(圧力調整器 1)

37683722

レギュレーター(圧力調整器 2)

0b4554d1


レギュレーター(圧力調整器)とは
ファーストステージ(第一減圧部)とセカンドステージ(第二減圧部)の両方で
レギューレーターなんですがいね

セカンドステージのことを通称「レギュ」と呼ぶことが多いです。

映画などの「海猿」でも「レギュを咥えろ」なんて言葉をよく聴きます。

このレギュをタンクに接続してバルブを開いて
そのまま水につけると

いきなり
ボコボコぼこぼこ
ギュルルルルル~

と音をたてて空気が噴出すことが
あります。

これをフリーフローと言います。





通常に正常に機能するレギュレーターで起こります。

この場合はあせらずに、レギュのマウスピースを水の中で
下に向けてやると止まります。

そのほか、レギュの中に砂とか汚れがあったりすると
空気中でも

「シュー」と音と立てて

空気が漏れている場合があります。

この場合は、水でレギュを洗ったり、軽くレギュを トントン と
たたくと直る場合があります。

これで空気の吹き出しが止まらなければ
何かの異常ですので使用しないで点検に出しましょう。

第一減圧部と第二減圧部、間違えないようにしましょうね。
特にドライスーツやBC(浮力調整具)などに送り込む空気は
第1減圧部(ファーストステージ)から高圧の空気を送りますので
試験のときは間違えないようにね。

いいね!ツイート、g+、ブックマークなどして応援していただけると嬉しいです。