平成30年10月(2018年10月)の潜水士公表試験問題の解説です。

短期間限定の公開は終了いたしました。

高気圧作業安全衛生規則が改正されてから、約2年半、潜水士試験の出題傾向も落ち着いてきたようですね。

半飽和組織のところは、必ず出題されるようになってきましたので、テキストを読んで過去問を繰り返し行うことが大切ですね。

「潜水士試験の無料講座」「過去問題の解答と解説(有料)」については、以下のページから確認できます。



受験される皆様は、私のサイトを参考にして勉強していただけたらと思います。

なお、公表問題については、以下のページから無料でダウンロードすることができますのでご利用ください。


公表問題ダウンロードページ


皆さんが私のサイトに訪問していただくおかげで、「潜水士試験」とgoogleで検索すると上位に常に表示されることについて、本当に皆様のおかげであり、感謝しかありません。


今後も潜水士試験を受験される皆様の参考になっていただければ幸いだと思います。ありがとうござます。


いいね、ツイート、g+、ブックマークなどをポチッとして、応援していただけるとうれしいです。