異端児な士業屋の新たなる旅立ち 

北海道札幌市で海事代理士・行政書士をしております。海事代理士としてボート免許更新・再交付、海事代理士・潜水士試験対策など、行政書士として、貨物運送許可等の作成を支援してます。2002年、ダイビング業界に従事。2010年 海事代理士として登録。ボート免許更新等の業務を手掛ける。2013年 行政書士登録。費用をかけないインターネットでの潜水士試験受験対策も行っている海事代理士・行政書士のブログです。

潜水士試験

平成29年10月公表の潜水士試験問題の解説

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
平成29年10月(2017年10月)の潜水士公表試験問題の解説です。

最近は、半飽和組織に関する出題が必ず出ていますね。今回も午前の部、問16ですね。

今回、M(エム)値について、触れられています。

半飽和組織のところは、テキストを必ず読んでおくことが必要ですね。


短期間限定の公開は終了いたしました。


受験される皆様は、以下の私のサイトを参考にしてください。


「潜水士試験の無料講座」及び

「まんが・イラストで潜水士試験を簡単に攻略・合格」を見て、

勉強していただけたらと思います。


8fa741f7-s



 

なお、公表問題については、以下のページから無料でダウンロードすることができますのでご利用ください。

 

公表問題ダウンロードページ

 

http://y-support.fujita-kaijidairisi.com/fwd3/201110koukaimondai

 


今後も法改正に伴う新問題が追加されていくとは思いますが、出題傾向は、例年、あまり変わっていないので、引き続き、過去問題中心で、教本と見合わせる。


この勉強方法が合格への近道ではないかと思います。


皆さんが私のサイトに訪問していただくおかげで、「潜水士試験」とgoogleで検索すると上位に常に表示されることについて、本当に皆様のおかげであり、感謝しかありません。

今後も潜水士試験を受験される皆様の参考になっていただければ幸いだと思います。ありがとうござます。

いいね、ツイート、g+、ブックマークなどをポチッとして、応援していただけるとうれしいです。



潜水士試験7月の合格者メールをいただきました。 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
潜水士試験合格おめでとうございます♪ 7月の試験の合格者からのメールです。

先日のNHKの担当者等の合格に続いて、また、短期間で私のサイトを読んで勉強した人からの合格の報告です。うれしいですね^^ 

新問題も増えているという状況の中で、分かりやすい私のサイトの閲覧及び充実した分かりやすい過去問題の解説と回答による勉強、この勉強の仕方の重要性は変わらないようですね。

よかったですね。メールありがとうございます♪感謝いたします。

公開させていただきます。

IMG_1075 (1)


本当によかったですね。これからも新問題が徐々に追加されてくるとは思いますが、

私のサイト「潜水士試験の無料講座」及び「まんが・イラストで潜水士試験を簡単に攻略・合格」
参考にして勉強すれば、一発合格ですね。


今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

いいね、ツイート、g+などをポチッと押して応援していただけるとうれしいです。

 

NHKにおいて潜水士試験受験対策の講師を担当しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
NHKにおいて潜水士試験の受験対策の講師をさせていただきました。

それは、今月のはじめ、携帯電話に連絡があり、教本である「潜水士テキスト(送気調節業務特別教育用テキスト)」を読んでも理解できないところもあり、

試験に自信がないので、こちらに来て試験のポイント、受験対策などを講義して教えていただけないでしょうか?

講義日程は、半日程度を予定していますが・・・というものでした。

そのときは、いいですよと返事したものの、いろいろと話を思い出していくと、天下のNHK様が、まさか、こんな田舎の私を呼ぶはずがないしな・・・と、いろいろと考え始め、疑心暗鬼でした。

しかし、担当者とメールや電話でお話をしたり、事務所あてに電話をしたり、ネットで会社を検索すると・・・・

もう、驚きでした。

なんで、私だったのか理由を確認したところ、潜水士試験の受験対策として、ネットでいろいろ調べていると、私のホームページや潜水士試験でググると、私の名前がたくさん表示されてきたので、「潜水士試験の無料講座」のホームページを読んだところ、わかりやすかったとのこと。

そして、「実は試験を受けるのは、今月の19日なんで・・・・」

「19日の試験ですか?これから試験日まで、潜水士テキストを勉強するには時間がなさすぎますね。」

ということで話がどんどん進み・・・・潜水士試験受験対策の講師を、なんと、東京渋谷のNHK関連会社で務めさせていただくことになりました。

それからというものの、受験日まで、約10日間という短い時間で覚えられるよう、分厚い潜水士テキストをまとめ、潜水試験の概要、試験対策、出題試験の傾向などの資料作成に突貫で取り掛かりました。

IMG_0918 (1)


IMG_0919 (1)


突貫で資料を作成し、理解しやすいように、図、表、写真などを私のホームページから切り抜き、貼り付けしてまとめ上げたため、出来上がった資料は、フォント、誤字脱字など、もう、プレゼンの資料としては、汚いものとなってしまいましたが、

求められているものは、資料の良し悪しではなく、潜水士試験に合格すること、これだけですので、総枚数約370ページにも及ぶ潜水士テキストを約60ページにまとめ、抜けがないように作成しました。

さて、当日ですが、北海道も35℃という猛暑でしたが、さすがに東京は湿度が違います。外に出たとたん汗がどばっと出てきまして・・・何とか、東京渋谷にあるNHKの会社へ

IMG_0868 (1)


IMG_0869 (1)


こちらで、午後から講義を始めました。

潜水士試験の受験については、今後の放送番組に必要な資格であるので、合格しなければならない、合格しなければ、番組作成の日程などに支障が出るかもしれないというお話を聞き、

とんでもない講師を引き受けてしまったという感があるものの、やりがりもあり、早速始めました。

私を含む、7人でのワークショップ式の講義でしたが、受講者はダイビング経験はほぼ、ペーパー状態であり、

試験に出題される潜水業務の中の潜水物理に関する計算問題などは、なかなか理解しがたいものがあったようで、15時ごろから、夕食を交えて、22:00頃まで、びっしりと私の話を聞いていただきました。

終了後、潜水士試験のポイントなどが理解できたし、370ページのものが、これだけ理解すれば受かるという自信が出てきた、不安が解消されたなどのお言葉をいただき、私としてもやりがいがあったという気持ちになりました。

番組の内容などについては、今後の撮影ということであり、企業秘密なのでお話はできないし、講義の現場などの写真撮影も許可になりませんでしたが、番組が放送されるときには連絡しますということでした。

試験に全員が合格するまでは、っと、このブログの公開を控えてましたが、本日、合格発表で連絡とったところ、無事、6人全員が合格しました。ということで安心しました。

今後は素晴らしい番組の完成を祈るばかりですね。

最後に、この講義には、とある芸能人も参加されておりまして、一番私の話に耳を傾け真剣に聞いてくださり、感謝しております。

このような機会をあたえていただいた、NHKとその関連会社様にお礼と感謝の気持ちをこのブログで書きますとともに、よい番組ができることを祈念しております。

なお、私のホームページの「潜水士試験の無料講座」は「こちら」から、見れますし、講師や講座の開催についてのご相談は、無料講座のページ内のお問い合わせのメールフォームや電話・FAXなどでお願いいたします。

また、最近作成した、「まんが・イラストで潜水士試験を簡単に攻略・合格」のページは、「こちら」から見れます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

いいね、ツイート、g+などをポチっとして、応援していただけると嬉しいです。








平成29年4月、潜水士公表試験問題の解説

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
平成29年4月(2017年4月3日付け)の潜水士公表試験問題の解説です。
今回も新問題が追加されてますね。午後の部の問20など、

私のサイト「まんが・イラストで潜水士試験を簡単に攻略・合格」
過去予想問題2の問38で類似予想問題が載ってますね。

短期間限定としますが、今回の公表過去問題の解説を公開いたします。

受験される皆様は、参考にしてください。

毎年4月と10月の年2回、試験に出題された問題を「安全衛生技術試験協会」が公表していましたので今回も例年通りの時期の公表となりました。

http://www.exam.or.jp/lc_h291/LC20171119.pdf


8fa741f7-s


従来とあまり変わらない試験問題となってますが、毎回、新問題が追加されております。

現在、私がサイトで公開している「潜水士試験の無料講座」及び

「まんが・イラストで潜水士試験を簡単に攻略・合格」を見て、勉強していただいた方は
簡単に解答できたのではと思います。

今後もどんどん新問題が追加されていくでしょうが、今は過去問題をしっかりと勉強することですね。

引き続き、教本を読み、過去問題をやり、教本と見合わせる。

この勉強方法が合格への近道ではないかと思います。

皆さんが私のサイトに訪問していただくおかげで、「潜水士試験」とgoogleで検索すると上位に常に表示されることについて、本当に皆様のおかげであり、感謝しかありません。

今後も潜水士試験を受験される皆様の参考になっていただければ幸いだと思います。ありがとうござます。

いいね、ツイート、g+、ブックマークなどをポチッとして、応援していただけるとうれしいです。


解答の解説は、無料公開を終了いたしました。

現在、私がサイトで公開している「潜水士試験の無料講座」及び

「まんが・イラストで潜水士試験を簡単に攻略・合格」を見て、勉強してください。


平成28年改訂、潜水士テキストに対応しました 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
平成28年10月31日改訂第6版、潜水士テキストが発刊されております。



それに伴い、当サイトである「潜水士試験の無料講座」
及び「まんが・イラストで潜水士試験を簡単に攻略・合格」のサイトを見直しました。

44


もちろん、公表過去問題の解答と解説についても、対応終了しております。

改訂の主な点ですが、平成24年のテキストで掲載されていた潜降及び浮上の具体的な方法について、
平成27年4月のテキストでは省略され、今回の改訂で、再度、全面マスク式潜水などの記載が、
平成24年の時よりもより詳しく再掲載されております。

その他、平成27年4月の一部改正高気圧作業安全衛生規則に基づき計算して行う
潜水スケジュール(計画)や実際の減圧計算などを、パソコンのエクセルを使用して
具体的に求める計算式の入力方法などが記載されております。

潜水士試験では、パソコン・計算機は、現在、使用は認められておりませんので、
具体的な潜水計画などの出題は、今後もないと思われますが、

私のサイト「減圧計算の実際」やブログで紹介している
「高気圧作業安全衛生規則改正検討会報告書」で使用された
別添資料を基に、潜水計画を立てる問題は出題される可能性がありますね。

ですが、平成27年4月の法改正後の潜水士試験の出題傾向と内容、
今回の改訂潜水士テキストを見ても潜水士試験自体に大きな変化はありませんので、
今まで通り、当サイトの過去問題で、しっかり勉強して、
余裕があれば、平成28年10月改訂の潜水士テキストを見るなどして、
今後の試験対策としてください。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

いいね、ツイート、g+などをポチッと押して、応援してくれると嬉しいです。

 

潜水士試験の無料講座、15万アクセス突破

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
本当にありがとうございます。

私が作成した「潜水士試験の無料講座へようこそ」のページ、おかげさまで多くの皆様にご利用していただき、つい先日、15万アクセスを突破しました。

また、昨年、作成した新たな潜水士試験対応サイト

「まんが・イラストで潜水士試験を簡単に攻略・一発合格」

2万アクセスを突破いたしまして、本当にありがとうございます。

無料講座のサイトを作成してから、7年目になりますが、皆様の応援とアクセスがあってこそ
続けてこれたもので、感謝しかありません。



まんがで潜水士試験パッと合格


上のページの画面は、新サイトのものですが、訪れていただいたみなさん、ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

なお、潜水士試験は、近年、試験回数が増加されております。
関東、中部や近畿などの大都市近辺では、年4回から6回に試験回数が増えております。

これは受験する機会も増加するということですのよいことですよね。
平成29年の第1回目は2月に終了しておりますが、4月から12月まで行われます。

詳しい試験日などは、安全衛生技術試験センターのページから ご確認ください。

http://www.exam.or.jp/exmn/H_nittei611.htm

本当にありがとうございました。

いいね、ツイート、g+、ブックマークなどをポチッとして応援していただけるとうれしいです。

 

潜水士試験 平成29年度試験日程について

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
平成29年度 潜水士試験の試験日程が公開されております。

09

受験を考えております皆様は、私のサイト

「潜水士試験の無料講座」の「公表過去問題の解答と解説」

また

潜水士試験について、初心者の人のためのサイト

まんが・イラストで潜水士試験を簡単に攻略・一発合格


を参考にしていただければ幸いです。


なお、出張試験については、現在未定となっております。

いいね、ツイート、g+などで応援していただけるとうれしいです。



潜水事業者様よりお礼のメールをいただきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
本年もあと数日で終わりますが、
数日前に潜水業務を受け持っている事業者より、

改正後の高気圧作業安全衛生規則に基づいた手続・届出を
関係各省庁に提出し、無事に竣工を迎えることができたという
お礼のメールをいただきました。ありがとうございます。

本年早々の2月に、

「改正後の規則に基づき、混合ガス潜水事業を行いたいが、
船舶安全法と高圧ガス保安法の関係について、確認したくメールしました。」

というような内容で、お問い合わせがありました。

私としては、私が知りえる範囲でお答えしましたが 、事業者様もある程度はご存知のようで、
大まかに納得されて、関係各省に届出をされ、今般、事業が無地に遂行できたということです。


mode=mail_read&no=234
 

作業上において使用した、ハードタイプの全面マスク、潜水服、ガスカードル、
淡水で、視界不良の中での潜水作業などなど

数多くある潜水業務の中でのプロ中のプロといっても過言ではない写真をいただきました。

残念ながら、作業の都合上、他の事業者様の了解を得ていないということで、
ここで紹介することはできませんが、まさに、改正高気圧作業安全衛生規則に基づく
お写真をいただきました。

この事業者様は、届出等に関し、苦労されたようでしたが、
無事、工事が終わり竣工することができたことで、メールをいただいたものです。

メールの事業者様の詳細は、これまた、控えさせていただきますが、
お仕事の依頼や実際の現場を担当された事業者様にご相談等がある場合は、

私の「ホームページ」の「メールフォーム」などからご連絡をいただければ、
事業者様にご連絡してお返事などをさせていただきたいと思います。

http://fujita-kaijidairisi.com/support1/

昨年の今頃は、改正後の規則が、本年4月から施工されるということで、
各事業者様も大変な思いをされていたのだということを今回のメールで感じることができ、

この潜水士試験の合格講座をサイトで始めてよかったと、改めて思った次第です。

最後に、本年も海事代理士・行政書士の藤田事務所のサイト・ブログに訪問していただき、
また、ご相談やお仕事の依頼など、ありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。



いいね、ツイート、g+などをポチッとして応援していただけると嬉しいです。

 

潜水士試験 2016年10月(平成28年10月) 公表問題の解答及び解説

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

解答の解説については、無料公開期間を経過いたしましたので、有料へと変更させていただきました。

有料の過去・予想問題については、以下のサイトから、お申込みできます。

http://dive.fujita-kaijidairisi.com/



http://fujita-kaijidairisi.com/support1/




潜水士試験の物理学(浮力)は、これを覚えれば大丈夫。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
潜水士試験には、よく浮力に関する計算問題が出題されたりします。
その他にも潜水物理学、特に気体の特性や性質に関する様々なな法則があり、
その公式を使用した計算問題なども出題されますね。

なかでも浮力に関する問題は、多くの受験生が頭を悩ますのではないでしょうか?
なぜなら、潜水士テキスト(中央労働災害防止協会)には、
浮力に関する記載はごく僅かで、また、計算式も詳しく掲載されていないからなんですね。

まあ、浮力に関する計算問題は、物体の密度、質量、体積と
押し出された液体の体積又は重さ、浮力を得る液体の種類と密度によって
いろいろな例題が作れるからなんですね。

そこで、浮力の問題に関しては、次の図を見て、これを覚えていただければ
案外分かるかと思います。


浮力2

この図は、私のサイト「まんが・イラストで潜水士試験を簡単に攻略・一発合格」から
持ってきたのもので、引用・転用・他掲載はお断りいたします。

まんがで潜水士試験パッと合格


少し知識のある方でしたら、この図を見ただけで潜水士試験に出題される
基礎浮力に関する問題はまず、ほとんど解けてしまうことが分かると思います。

浮力に関する問題は、その設問に、上の図の中の物体の密度、質量、体積と
押し出された液体の体積又は重さ、物体を沈める液体の種類と密度のどれかの
数値が必ず記載されて出題されています。

上の図の中の何の答えを求めるのか、設問には、何の数字が記載されているのか?
これをよく読んで、上の図に当てはめると簡単に答えが導きだせるようになっています。

詳しくは、私のサイトを読んでいただき、過去・予想問題を見ていただければ
理解できるかと思います。

潜水士試験の基礎浮力の計算問題は難しいように思えますが、
それほど頭をなやますほどじゃないですよ。

いいね、ツイート、g+などをポチットして応援していただけるとうれしいです。



 
livedoor プロフィール
プロフィール
「藤田海事代理士・行政書士

1961年、北海道北見市のオホーツク沿岸生まれ。

2002年、ダイビング業界に従事する。

2010年 海事代理士として登録。ボート免許更新等の業務を手掛ける。

2013年 行政書士にも登録


費用をかけないインターネットでの潜水士試験受験対策も行っています。

主な取扱業務

海事代理士として、ボート免許更新・失効再交付等事務、海事代理士試験、潜水士試験対策

行政書士として、各種法律文書作成支援などしております。


主サイトはこちら。

「海・陸の運送許認可・ボート免許更新・資格取得、相続・遺言など各種法律文書作成をサポートします。北海道札幌市手稲区」

海事代理士試験の口述試験としてサイト内に音声ファイルを取り入れ

潜水士試験対策として、有料のサイト及び問題集を販売しているほか、電子書籍パブーにて「まんが・イラストで潜水士試験を簡単に攻略・一発合格」も有料で公開しております。


ブログランキング・にほんブログ村へ











ツイッター
you tube
ライン
LINEで送る
まんが・イラストで潜水士試験を簡単に攻略・一発合格


http://p.booklog.jp/book/100520/read

海事代理士必修テキスト
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ